くらしの小ネタブログ

お役立ち情報や各地のイベントをご紹介!

いかなごのくぎ煮。コウナゴやシラスとの違いを調べてみた

      2017/03/12

いかなごのくぎ煮

いかなごっていう名前は聞いたことがあって、前から気になっていました。

有名なレシピが「いかなごのくぎ煮」とか。

「くぎ」って大工さんが金づちで打つ釘のことか?

それとも、釘と一緒に煮込むからおいしくなるのか?

おいしい以前に危ないだろ?とか想像してみたり。

まあ写真で見る限り、小魚を甘辛く煮た「佃煮」的なものであることは確かなのですが。

それでは、いってみましょう!
出典:http://kenkoukazoku.info/?p=2561

スポンサーリンク


いかなご、コウナゴ、シラスの違いについて

イカナゴ(学術的にカタカナ表記になる)
種目 スズキ目イカナゴ科
別名 コウナゴ カマスゴ カナギ
特徴 体調は細長く、腹びれがない。

小さいとき(3cm前後)はシンコ、成魚(15~25cm)になったものを関西で古背(ふるせ)、東北で女郎人(めろうど)、北海道で大女子(おおなご)などと呼ばれる。
幼魚は釜揚げ、くぎ煮、煮干しなどに、成魚は天ぷらにする。

はい、答えが出ていましたね。

いかなご=こうなご

だったのですね。

ちなみに、いかなごは漢字で書くと「玉筋魚」といいます(笑)

語源は、玉のように群れている、姿が筋のように見えるところからついたという説があります。

「いかなご」の語源は、「いかなる(魚の)子か?」から来ているという説があります。

ではお次、しらす。

調べたところ、「様々な魚の仔稚魚の総称」とあります。

では、シラスとしてお魚屋さんやスーパーに出回っているお魚は何なの?

シラス=イワシ(主にカタクチイワシ)の稚魚

ですね。

シラスの釜揚げ(茹でて水切りしたもの)なんかは有名ですね。

生シラスもおいしいですよね♪
お次は、いよいよいかなごのくぎ煮について。

スポンサーリンク


いかなごのくぎ煮は兵庫の春の風物詩である

毎年2月下旬になると、兵庫県ではいかなご漁が解禁になり、市場は新鮮ないかなごを求める客で賑わうそうです。各家庭でくぎ煮を作ることから、兵庫の春の風物詩となっているとのことです。

くぎ煮の名前の由来は、昭和30年代半ば頃に神戸市垂水漁協の組合長さんが、出来上がりをみて「さびて折れ曲がった釘」のようだと言ったことが「くぎ煮」の由来ということです(出典:http://www.rcc.ricoh-japan.co.jp/rcc/breaktime/untiku/130305.html)。

秋の終わりから冬にかけて生まれた3~4ヶ月の稚魚は新子と呼ばれ、2月末から4月半ば頃の体長3cm前後のころが最高にうまいと言われています。

瀬戸内海では2月末~3月の早春が新子のシーズンです。新子を釜揚げせずに、生のまま佃煮にしたのが「いかなごのくぎ煮」です。

いかなごのくぎ煮は神戸から明石方面の名産です。大阪に住んでいても知らない人がいるくらいですから、兵庫県の名産品なんですね。

■いかなごのくぎ煮の材料
いかなご
砂糖(ざらめ)or 水あめ
醤油
しょうがの千切り

みりん

【大雑把な説明なのであてにしないでくださいね】
調味料を熱してから、いかなごを少しずつ入れる。
このとき、箸を使うとグチャグチャになるので鍋のほうをゆする。
煮詰める。
ざるにあけて冷ます。

いかなごのくぎ煮のまとめ

いかなごのくぎ煮はいかがでしたでしょうか?

関西以北ではあまり馴染みがないとは思いますが、実はこうなごがいかなごと同じだったというのは驚きでしたね。

ただ、こうなごを家庭で佃煮にするという文化がないので、兵庫みたいに風物詩ではないのが残念ですね。

スーパーで売っているこうなご佃煮で我慢しますが、いつか関西在住の友人に「いかなごを買って送ってちょうだい!」と切り出すかも知れません。

いつかはいかなごを食べてやりたいなと思います!

以上です。

スポンサーリンク