くらしの小ネタブログ

お役立ち情報や各地のイベントをご紹介!

コチニール色素の原料はカイガラムシだった。身体に害はないの?

      2017/03/12

コチニール色素

コチニール色素というのは赤いカマボコ、清涼飲料水、お菓子、ハム、魚肉ソーセージ等あらゆる赤い色をした飲食物に使われている着色料です。また口紅やアイシャドーなど化粧品にまで用いられています。

私は魚肉ソーセージが大好きで、袋の原材料欄を見るにつけ「ここに書いてある『コチニール』って何?」って素朴な疑問を抱いていましたが、最近実体が分かってちょっと衝撃だったのでお伝えします。

実は、このコチニール色素というのは、虫をすりつぶして抽出した体液の色なんです!

その虫の名は、「コチニールカイガラムシ」。

今回はこのコチニールカイガラムシについて触れます。
出典:http://www.colormarket.jp/?pid=15788026

スポンサーリンク


コチニールカイガラムシの産地や生産方法

コチニールカイガラムシ

出典:http://www.yukawanet.com/archives/4182385.html

コチニールカイガラムシは、中南米ペルーなどの国のサボテンに寄生する虫で、樹液を吸って生きる小さい虫です。エンジムシとも呼ばれます。ペルーでは世界の80%以上のコチニールカイガラムシを生産しています。

体内にカルミン酸という深紅の物質があり、アリなどの天敵から身を守るためのものであると言われています。

このコチニールカイガラムシから採れる赤い色(コチニールレッド)は何世紀も前から染料に用いられていて、アステカの人々は、薬や化粧品、織物、「タマル」と呼ばれる蒸し団子にも使っていたそうです。

コチニールはメスにしか色素がありません。メスが卵を産む前に2倍の大きさになったところを採取して、熱湯で煮て天日で乾燥させたものが原料となります。その原料を水やエタノールで抽出するとコチニール色素ができます。

コチニールカイガラムシが用いられる以前(ルネサンス期)は、ケルメスカイガラムシが毛織物用の高級染料に用いられていて、カルミン(=カーマイン)の語源になったといわれています。

カーマインレッドという名前の色がありますが、これもコチニールから由来する色です。

コチニールの安全性は問題ないの?アレルギーは?

安全です

結論から言うと、安全だそうです。

コチニール色素の主成分であるカルミン酸は、天然色素では最も高いレベルまで評価が行われていて、安全性に関するデータが最も多いものだそうです。
「食品添加物ガイドライン」で要求される安全性試験項目は全てクリアし、安全性には問題がないという結果が得られています。

毒性や、発がん性、変異原性(突然変異を引き起こすこと)の試験すべてにおいて、問題はないという結果が出ています。
アレルギーについては、日本の消費者庁がコチニール色素がアナフィラキシーショックを引き起こしたという実例に基づいて注意喚起を平成24年に行ったのですが、これはコチニール色素そのものというより、微量に残っているたんぱく質が原因ということがわかっています。

そばや小麦粉に反応する人が居るというのと同じ理由ですね。なので、食品アレルギーのある人は注意した方が良いということになります。

スポンサーリンク


虫だからという理由で嫌われるコチニール

アメリカでは何十年も前から食品や医薬品に使われてきたコチニール色素。

「天然着色料」や「着色料添加」などと記載されていたのですが、2009年にアメリカ食品医薬品局(FDA)が規則を改定し、製造者はコチニール色素の使用を明記することが義務付けられました。

それ以来、コチニール色素が何で出来ているか知られることになり、一部の消費者はコチニール色素を毛嫌いし、代わりの色素に置き換えるように食品業界に対して圧力をかけているそうです。

そのせいなのか、スターバックスが「ストロベリー&クリームフラペチーノ」等に使われるコチニール色素を段階的に廃止することを2012年に発表しました。コチニールの代わりとなる色素はトマト系の色素ということを聞いています。

コチニールの代替品として有望視されるムラサキイモは、明るいピンクから深い紫まで作り出せるのですが、色素を抽出するのが難しいのと、効率が悪いということがデメリットだそうです。

この難題をクリアできればカイガラムシの色素からムラサキイモの色素へシフトできるだろうと言われています。

まとめ

私的には、コチニール色素が入っているからと言って、大好きな魚肉ソーセージを食べるのをやめるかというとそうではありません。

ただ、真実を知ってしまった以上、コチニールが何者であるかわかっているので赤系のものを食べるたんびに思い出してしまいます。

コチニールカイガラムシは外見的にインパクト強すぎです(笑)

コチニールがめちゃくちゃ毒性があるというのなら目の敵にするのもうなづけるのですが、安全だと言われているので別に問題ないかなと思います。

最後はなんかコチニールに同情を示して終わりにします。

スポンサーリンク