くらしの小ネタブログ

お役立ち情報や各地のイベントをご紹介!

エイプリルフールの起源は「嘘の新年」?有名3企業の面白嘘ネタ

      2017/03/12

エイプリルフール

毎年4月1日はエイプリルフール(英名はApril Fool’s Day)。

嘘をついていいのは午前中までで、午後からはネタバレだなんて知ってましたか?
広辞苑にそう書いてあるらしいです。私は広辞苑持っておりませんが(笑)

エイプリルフールがどこから発祥したのか調べてみましたが定かではないみたいです。
ただ、いくつか説がありましたのでご紹介します。

近年、何かしら面白い嘘を企業は考えていてエイプリルフールを演出してくれてます。
ネタに煮詰まったときは企業からアイデアをもらってみるのも良いかもしれませんね。

スポンサーリンク


エイプリルフールの起源の説は?

エイプリルフールの起源は全く分からない。いつどこで、エイプリルフールの習慣が始まったのかがわからないが、有力と思われるのがこちらです。

フランスの「嘘の新年」説

1564年、フランス国王のシャルル9世が1月1日を新年とする暦(こよみ)を採用した(それまでは3月25日を新年として4月1日まで春の祭りをしていた)。

この取り決めに反発したフランス国民は、4月1日を「嘘の新年」として馬鹿騒ぎをし始めた。シャルル9世はこの馬鹿騒ぎに激怒し、町で嘘の新年を祝っていた人々を捕まえて、片っぱしから処刑することを命じた。

処刑された人の中にはまだ13歳の少女もいたということで、フランスの人々はショックを受け、シャルル9世へ抗議した。

人々はこの事件を風化させないように、その後も毎年4月1日になると盛大に「嘘の新年」を祝うようになっていったという。これがエイプリルフールの始まりとされている。

そして、13歳で亡くなった少女への哀悼の意を込めて、1564年から13年ごとに「嘘の『嘘の新年』」として、一日中全く嘘をついてはいけない日としていたが、エイプリルフールが世界中に広まるにしたがって、人々の記憶からは「嘘の『嘘の新年』」は消えていったという。

インドの「揶揄節(やゆせつ)」説

インドでは、信者が悟りを開くための修行を、春分から3月末まで行っていたが、修行して間もなく迷いが生じてしまうことから、4月1日を「揶揄(やゆ)節」と呼んで信者をからかったことから来ているという説。この日に、むなしい使い走りをさせたり、無駄歩きをさせたりして信者をからかったという記録があるという。

揶揄とは、からかう、嫌味を言う、皮肉る、ひやかすという意味。

スポンサーリンク


ナイスで面白いエイプリルフール嘘ネタ厳選3社

4月1日になると、全世界で嘘の記事を新聞に掲載したり、ニュースでジョーク報道をしたりするのですが、ネット上でも無意味なRFC(インターネットの仕様書のようなもの)が公開されたり、ネットならではのジョークコンテンツが公開されて人々は騙されていますね(笑)

ビッグ・ベンのデジタル化

ビッグ・ベン

出典:http://www.flickr.com/photos/nipotan/4097153177/

私が、すごい面白いと思ったエイプリルフール過去ネタが、イギリス国営放送BBCの「ビッグ・ベンのデジタル化と時計針のプレゼント」でした。

ビッグ・ベンってイギリスに古くからある大時計ですね。ロンドンっ子なら大笑いするところですが、冗談が通じず、海外から問い合わせが来たり、嘘とは思わないで報道してしまったりということが起こったそうです。

Google日本語入力ピロピロバージョン

あの有名IT企業Google社でも、過去に面白ネタを公開してくれています。

・Google日本語入力ピロピロバージョン

Google日本語入力ピロピロバージョン

出典:http://news.mynavi.jp/news/2015/04/01/271/

笛を吹くとピロピロっと伸びるアレですな。ピロピロにデバイスを合体させたので日本語入力できますよと。

他にも、パンダのぬいぐるみに話しかけると検索してくれる「Google Panda」

パンダ

出典:http://eigo-tatsujin.net/trend/7479/

GoogleMapでパックマンゲームがプレイできますよといったネタを提供してくれました。

google pacman

出典:http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1504/01/news062.html

2016年のエイプリルフールもどんなネタを披露してくれるのか期待でワクワクしますね。

面白法人カヤックの経歴詐称エイプリル採用

4月1日限定で、経歴を詐称した履歴書wで求人募集のエントリーができるという凝ったネタ!
経歴書に書く内容がどれだけ面白い嘘であるかが合格ポイントになるという、まさに応募者のクリエイティブな力が試される採用方法ですね。2014年の応募者数が1432名だったということですから大人気のイベント?ですね。

まとめ

エイプリルフールの起源とか面白嘘ネタはいかがでしたでしょうか?
毎年、4月1日を楽しみにしている割に、仕事で忙しくて気づかなかったりもします。
なので、今年は忙しくしている人に対して嘘を仕掛けてみるのも良いかも知れませんね。
人を悲しませる嘘はNG、いつかは笑いがこみ上げてくるような嘘、ついてみたいものですね!

スポンサーリンク