くらしの小ネタブログ

お役立ち情報や各地のイベントをご紹介!

横浜公園チューリップまつりの見どころは?開花時期や種類は?

      2017/03/20

横浜公園チューリップ

今回は第39回「よこはま花と緑のスプリングフェア2017」についてお伝えします。

横浜公園のチューリップまつりの見どころやチューリップの開花時期、チューリップの品種についてもお話しします。

出典:http://booaki.blog105.fc2.com/blog-entry-714.html

スポンサーリンク


見どころは4mのチューリップタワー!開花時期、見頃と種類について

チューリップ

出典:http://ameblo.jp/jun-009258/entry-11835374520.html

開花時期は、3月下旬
見頃は、4月中旬~4月下旬
種類は、69種類
球数は、16万球

「よこはま花と緑のスプリングフェア」の一環として、「チューリップまつり横浜公園」が開催されます。

【チューリップまつり横浜公園】
2017年4月7日~9日
開催時間:午前10時~午後5時
場所:横浜公園

<主なイベント>
「寄せ植えガーデニングトークショー」(8日)が今回初開催。
フラワーアーティスト川崎景太氏による「フラワーパフォーマンス」(7日と9日)

・チューリップタワーが見どころ
高さ4mのチューリップタワーは圧巻の一言です!

【花壇展】
場所:山下公園

<主なイベント>
・花壇展示
市内造園業者による彩り豊かな21の花壇が展示されます。

・花壇コンクール
展示花壇の中から、市長賞、市民賞など6つの賞が授与されます。

こちらは場所が山下公園となります。散歩がてら足を運んでみるのも良いかもしれませんね。

アクセス

JR根岸線関内駅前下車
駐車場はありません。
市営日本大通り地下駐車場がおすすめです。

スポンサーリンク


チューリップ豆知識

チューリップは品種により、開花時期が少しずつ異なります。

一番咲き:3月下旬~
二番咲き:4月中旬~
三番咲き:4月下旬~5月

トルコ原生のチューリップは、16世紀末にオランダに伝わり愛されて「ヨーロッパの庭」と呼ばれるようになりました。

ところが、チューリップは高貴な花として上流階級にしか手に入れることができませんでした。
オランダはチューリップ栽培に適した気候の土地で、次々と品種改良がされていきました。
17世紀がチューリップの品種改良の全盛期でした。

チューリップは依然高嶺の花で、「富の象徴」としてもてはやされ、高級品種の球根と家一軒が取引されたほど恐ろしく高価なものとなってしまいました(チューリップバブル)。

しかし、そのバブルも突然崩壊して、チューリップに投資していた人々の多くが一文無しになってしまいました。

こうしてオランダでは一時期チューリップを忌み嫌うようになり、オランダ人の間では今も教訓として語り継がれているといいます。

チューリップバブル崩壊後は、世界からチューリップの需要があり、今ではチューリップと言えばオランダと呼ばれるようになったということです。

オランダにチューリップ畑が多いのも、球根を増やして商品として出荷するためで、花を鑑賞するためではないそうです。あくまでもビジネスのためなんですね。

めでたしめでたし。

まとめ

横浜公園のチューリップについて紹介しました。

開花時期は3月下旬で、見頃は4月中旬~4月下旬ということですね。

4mのチューリップタワーが見どころなので、ぜひご鑑賞くださいね。

色とりどりの花を咲かせるチューリップは見ていて心がウキウキしてきますよね?

ぜひ横浜公園に足を運んでみてくださいね。

スポンサーリンク