くらしの小ネタブログ

お役立ち情報や各地のイベントをご紹介!

梅酒の簡単でおいしい作り方。甘くない梅酒の人気レシピも!

      2017/04/14

梅酒

梅酒ロックは居酒屋の定番ドリンク。

ほのかな酸味が食欲を増進して料理をおいしく食べることができますね。

ところで、梅酒って自宅で作ることができるのは知ってましたか?

実は思ったよりも簡単に作ることができるんです。

青梅の出回る季節、梅の実をたくさん買い込んで梅酒を作ってみませんか?

今回は、梅酒の作り方と、甘くない梅酒のレシピなどについて紹介いたします。

出典:http://ameblo.jp/junmaiful/entry-11850087146.html

梅酒の作り方

果実酒用ビン

出典:http://item.rakuten.co.jp/livingut/4963972827623/

材料の用意

青梅(紅青梅) 1kg

氷砂糖 500g

ホワイトリカー 1.8リットル:アルコール度数35%以上必須

5リットルビン 1個:ホームセンターや通販で手に入れる

竹串 2~3本:金串は梅が変質するので駄目

1.ビンの煮沸消毒

ビンに熱湯を少量入れ、内側にお湯がまんべんなく当たるようにビンを傾けて回します。

きれいな付近で水気を拭いて、ビンの口を下にして完全に乾燥させます。

2.青梅を洗う

流水で洗います。

3.あく抜きをする

洗い終わったら、2リットル以上の水に漬けてあく抜きをします。

青梅の場合は、1~2時間が目安。

これをやらないと梅酒に渋みがでてしまうとのこと。

4.水気を拭きとる

あく抜きが終わったらきれいなタオルで水気を拭きとる

5.へたを取る

梅の水気を拭きとったら、竹串を使って一つ一つ丁寧にへたを取り除きます。

へたがきれいに取れれば、梅酒のえぐみが取れ、爽やかな味になると言われています。

6.青梅と氷砂糖をビンに入れる

青梅と氷砂糖は半分に分けておき、2回に分けてビンに入れる。

1.丁寧に青梅をそっとビンの底に置く

2.氷砂糖をパラパラと振りかける感じで入れる。

3.残りの梅をそっと入れる

4.残りの氷砂糖を振りかけ入れる。

7.ホワイトリカーを注ぐ

ホワイトリカーは一気に注いでも問題なし。

8.冷暗所に保存する

材料を入れ終わったらフタをして、温度差が少なく涼しい場所にて保存する。

だいたい1年後には飲み始めることができる。

漬けてから1年半経ったら、梅の実を取り出して、梅酒を布で濾してから長期保存する。

長い間梅を入れておくと梅酒が濁ってしまう場合もあるのでご注意を。

取り出した梅の実はそのまま梅酒と一緒にグラス入れて、食べるとおいしいです。

よくある質問集

・ホワイトリカー以外に日本酒とか焼酎では駄目ですか?

駄目ではありません。泡盛、ブランデー、ウイスキーなどでもおいしく作ることができます。

日本酒は純米酒を選び、糖分を控えめにするのがコツです。

ホワイトリカーは果実酒を作るための蒸留酒で、ほぼ無味無臭でくせがありません。

梅の風味を活かすならばホワイトリカーでしょう。

アルコール度数が35度以下だと、梅の成分が染み出しにくくなり熟成も遅くなります。

もしほかのお酒を使用するときはアルコール度数が低いものを選ばないのが肝心です。

アルコール度数が低いとカビの温床となる危険もあります。

・砂糖は氷砂糖ではなく普通のお砂糖とか黒砂糖、ザラメなどは使えないの?

氷砂糖は砂糖としての純度が高いし、味に雑味がないので梅の風味を損なわないのです。

黒糖は「黒糖梅酒」というものもありますが、家庭であの味が再現できるかというと難しいです。

黒糖だけだと甘みが控えめで味のバランスが難しいかもしれないので、やはり氷砂糖を使った方が良いです。

甘くない梅酒を作るためのレシピとして黒糖を使う人もいますので、一概には言えません。

・砂糖不使用の梅酒なんてどうですか?

できることはできるが、浸透圧が違ってくるので、砂糖を使った場合よりも梅の成分抽出には時間がかかります。

まとめ

梅酒の作り方はいかがでしたでしょうか?

これなら簡単にできそうですね?

ぜひ一度手作りの梅酒を作ってみてはいかがですか?

飲めるまでには1年間じっと待つことになりますが、

待ちに待って飲む自作の梅酒は格別な味かも知れませんよ?