くらしの小ネタブログ

お役立ち情報や各地のイベントをご紹介!

梨狩りの時期。美味しい梨の選び方と効能について

      2017/03/15

幸水梨

秋の味覚といえば、さんまや栗、松茸、さつまいもや新米もおいしい季節です。

夏の暑さの食欲不振や疲れ気味になっていた方も、食欲の秋到来で、味わいのある秋の味覚に食欲もわいてきそう。
まさに実りの秋と言えますが、秋のフルーツといえばぶどうや柿、そして甘くてシャリシャリとした触感も楽しい、梨も美味しい季節です。

この季節だから楽しめる定番のイベント「梨狩り」で、収穫の楽しさを今年はぜひファミリーで、お友達で、カップルで楽しんでみませんか?

旬の梨狩りの時期、美味しい梨の選び方のポイントと、美味しい食べ方についてもお届けします。

出典:http://ameblo.jp/ma-ru-7/entry-10357509091.html

スポンサーリンク


梨狩りの時期はいつ?美味しい梨をゲットするコツは?

秋の味覚、梨狩りで、たわわに実った秋のフルーツをぞんぶんに食べてみたいですよね。
秋が旬の梨は、みずみずしく水分を補ってくれて体にも良いので、自分でもぎ取って食べれる梨狩りを、お子さんと一緒に楽しみましょう!

梨狩りの時期は、8月下旬から10月頃までありますが、せっかく行く梨狩りですから、甘くてみずみずしい梨をゲットしたいですよね。

食べごろの美味しい梨の見分け方は4つ。

  1. 日当たりのいい場所で育っている。
  2. 色ムラがなく濃い色のもの。
  3. お尻がふっくらとしていて重みがある。
  4. 皮に張りがあり、ツルツルしているもの。

枝の先端についている重みがある梨だと甘さも十分で間違いないでしょう!
見分けがつくようになれば、梨をたくさん取って食べるよりも、甘くて美味しい梨をどれだけ収穫できるかにポイントをおきながら探してください。

もぎたての香りも楽しめる梨狩りですが、フルーツパークごとに、その場で食べれたり、持ち帰りのみの場合もあるので、詳しくチェックしてからお出かけください。

スポンサーリンク


梨狩りで収穫した梨を美味しく食べるための方法いろいろ

梨狩りで収穫した梨は、新鮮なうちに食べるのがいちばんですが、保存する場合、涼しい場所に3~4日間
冷蔵庫だと乾燥をさせないように1個ずつラップにくるんでビニール袋などに入れ、1週間~10日ほど保存可能です。

梨は、冷やしてそのままシャリシャリ食べるのがいちばん美味しい食べ方だと思いますが、デザート作りが得意な方、アップルパイならぬ梨パイを作ってみませんか?

例えば、買ってきた梨がハズレだった時でも、梨パイで美味しく生まれ変わることができますよ。
作り方は、アップルパイと同じレシピを使います。さらに、市販のパイ生地シートを使えば、あっという間に梨パイのできあがり!

さっぱりさわやかなデザートだと、ゼリーやコンポートに梨を使うと美味しいですよ!

そして極め付け、大人向けの梨レシピは、冷えた白ワインか日本酒に入れて、手作りサングリアはいかがでしょうか?

梨以外のフルーツ、キウイやパイナップルも一緒に入れると、爽やかなサングリアの完成で、ついつい飲みすぎちゃいそうです。

まとめ

暑さのピークも過ぎた頃に訪れる梨狩りは、沖縄以外の都道府県で栽培されているフルーツなので、ドライブがてらやバスツアーなども利用できる味覚狩りイベントとして人気があります。

梨といえば、梨の妖精がいる千葉県は、梨の生産が全国1位。次いで茨城県、栃木県の関東地方で多く作られていて、「幸水」や「二十世紀」は耳にしたことありますよね。

個人的にお勧めなのが「ラ・フランス」という品種で近年人気となっています。「ラ・フランス」は食物繊維が豊富なので便秘の方にはお勧めです。また、たんぱく質を分解する酵素が含まれていて、肉料理のあとに食べると消化を助けるという効能があるそうです。

ラ・フランス

出典:http://shijituku.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/162-1c44.html

美味しい梨はこの季節にしか食べれないので、ちょっと贅沢にいろいろな種類を食べ比べて、梨の美味しさを満喫しましょう。

スポンサーリンク