くらしの小ネタブログ

お役立ち情報や各地のイベントをご紹介!

マイホームローンは借金。ローン地獄を後悔する前に考えよう

      2017/03/15

マイホーム

あなたは、賃貸に住んでますか?それとも持ち家ですか?

賃貸マンションに暮らす私ですが、これまで持ち家じゃないことに劣等感がありました。

でも、今では逆にマイホームじゃないことで救われていることが多い気がします。

今回はマイホームなんて購入しないほうが良いことを伝えます。

スポンサーリンク


マイホーム購入はローン地獄!何十年も借金が続く

そうなんですよね、ローンというと聞こえは良いですが、ただの借金ですから。

昭和の時代、とりわけ高度成長時代にはみんな上向きで、自分の仕事や会社が死ぬまで安泰という雰囲気が当たり前のようにありました。

うちの親も自分が中学生に上がるぐらいに、賃貸から一軒家へとグレードアップしました。

でも、今の時代はどうでしょうか。あなたが今従事している仕事は10年後まだあるのでしょうか。

大卒で会社に入社して、3年、5年、10年と続けてこられたとしたら立派ですが、その先もずっと続けられるのでしょうか。

グローバル企業と呼ばれる大企業ですら、大量にリストラを実施するご時世です。もし、あなたがリストラの対象となったとき、マイホームローンを抱えていたらどうなるでしょうか。

大企業にお勤めならばそれまで貯めた預金でなんとか凌げるかも知れません。

ただ、日本という社会は、ミドル世代で会社を辞めたあとの再就職が非常に難しいと言われています。

運よく仕事が見つかったとしても、前の会社よりも給料が安くなったり、あるいは正社員の仕事が無く派遣として働かざるをえなくなるかもしれません。ボーナスが無くなり、ボーナス払いも出来なくなるかもしれません。

マイホーム購入というのは、穿った見方かもしれませんが、好景気のときに社員が会社を離れていかないようにする「繋ぎ止め」の役割があったように思えます。

スポンサーリンク


いつ地方に飛ばされるか分からず、最悪単身赴任

仮に、マイホームを購入してしまったとします。

で、突然地方の拠点に飛ばされることになったらどうでしょう。

せっかく購入したマイホームに家族を残して単身赴任ということにもなりかねません。

そうなると、週末に疲れた身体にムチ打って、やっとの思いで自宅に戻って、家族の顔を見て、また遠い赴任地へ戻るという生活が待ち受けています。

これでは何のためにマイホームを購入したのか、わからない状態ですよね。

子どもが大学進学のときに一番お金がかかる

子どもが小さいうちは出費もそれほどではないですが、やがて莫大にお金が出ていく時期が来ます。

大学進学に伴う諸々の出費です。予備校や塾の費用は馬鹿にならないほど高額です。

大学も年間の費用が120万円前後しますので、それまである程度資金を貯めておかないと、大学進学の時期にマイホームの支払いに支障をきたすことになります。

でも、賃貸だったら生活に困ったらもっとランクを落として引っ越しも可能です。

なので、私は賃貸に住むことが一番だと考えます。

なにしろフットワークが軽いのが良いです。

持ち家はその場所に縛られてしまうので自由が利かなくなります。

まとめ

賃貸と持ち家なら賃貸が良い。

将来に職を失ったときに持ち家だと支払いが出来なくなる。

生活する場所の自由が利かない。

もちろん、持ち家のメリットもありますけどね。

これからのことを考えると、やはり賃貸に軍配があがります。

決して妬みで書いたわけではありませんので、ご容赦くださいね。

スポンサーリンク