くらしの小ネタブログ

お役立ち情報や各地のイベントをご紹介!

土浦花火大会。桟敷席の料金と駐車場情報

      2017/03/15

土浦花火大会

2016年で第85回を迎える、正式名称「土浦全国花火競技大会」。

全国津々浦々、花火大会は多数あれど、土浦花火大会は超有名な花火大会です。

何といっても、日本3大花火大会(土浦、長岡、大曲)のひとつです。

しかも、大曲花火大会に続いて行われる「全国花火競技大会」なので、花火師さんが一堂に会して技術を競い合う大会でもあります。

そんな土浦花火大会2016の桟敷席のお値段とか駐車場情報についてお伝えします。

出典:http://ibaken.co.jp/blog/2012/10/post-281.html

スポンサーリンク


土浦花火大会2016の開催日時や桟敷席の値段

開催日時:2016年10月1日(土)

※雨天時:状況に応じて翌日・10月8日・9日・10日のいずれかに延期(予定)

打ち上げ時刻:18:00~20:30

打ち上げ数:2万発

桟敷席料金:桟敷席半マス(3名まで)10,500円・1マス(6名まで)21,000円(予定)。

お問合せ先:土浦全国花火競技大会実行委員会(土浦市商工観光課内)(029-826-1111)
土浦全国花火競技大会ホームページ
http://www.tsuchiura-hanabi.jp/

打ち上げ場所:茨城県土浦市佐野子 桜川河畔 学園大橋付近

スポンサーリンク


土浦花火大会2016のアクセスと駐車場は?

アクセス:JR常磐線土浦駅から徒歩30分(JR常磐線土浦駅からシャトルバスで10分)

車で行く場合:常磐自動車道「桜土浦IC」から国道354号を経由し、国道6号を桜川橋方面へ5kmほど行ったところ。

【無料駐車場】あり(5000台収容)。一部有料ありですが、15:00頃にはほぼ満車となるので午前中に着くようにしてください。

土浦花火大会2016の見どころと口コミは?

スターマイン、10号玉、創造花火の三部門から構成されており、全国の花火師が日本一の花火品質を競いあう、まさに夜空を彩る芸術といっても過言ではない花火大会となっています。

最大の見どころは、19時過ぎの大会提供の「ワイドスターマイン」。同時に複数個所から打上げられ、その迫力たるや圧巻の一言です!

毎年相当な人出(70万人)でかなりの混雑が予想されるので、早めに現地入りできるように余裕をもって出かけてくださいね。

口コミに関しては、次のような絶賛のコメントが。

  • 三大花火の中では一番かも!駅から遠いけど暑くない時期だしOK!
  • 特に10号玉が良かった!
  • ワイドスターマイン土浦花火づくしは規模も拡大し最高!
  • 間違いなく関東一番の花火大会だ!
  • 聞いていた以上にすごい花火大会でお薦めできる!

初めて行く人向けには、こんなお役立ち情報がありました。

  • 駐車場の場所取りが大変(午前中に現地入り必須)
  • 虫よけスプレーは必須
  • 開催場所から少し離れると田んぼのどこからでも見える(レジャーシート持参)
  • 土浦花火づくしは絶対に観て、終わったら即帰ると渋滞に巻き込まれない

まとめ

茨城県の土浦花火大会、いかがでしたでしょうか?

日本を代表する花火大会であることは間違いないですね。

打ち上げ場所から少し離れて、田んぼの中で見るもよし、桟敷席でビール片手に見るもよし。

いろんな楽しみ方ができそうですよね。

JR土浦駅からも徒歩で30分ですから、割とアクセスは良い方だと思います。

駐車場を利用するならば午前中に現地入りして、万全を期したいところですね。

ぜひぜひ土浦花火大会を楽しんで来てください。

スポンサーリンク