くらしの小ネタブログ

お役立ち情報や各地のイベントをご紹介!

岸和田だんじり祭の日程。死亡事故が発生しても人気の理由

      2017/03/15

岸和田だんじり祭
だんじりと言えば、岸和田だんじり祭です!
300年の歴史ある日本屈指のお祭、大阪府岸和田市の岸和田だんじり祭が今年も開催されます。

ここでは、2016年岸和田のだんじり祭を楽しむため、日程や観覧席などのお役立ち情報をお伝えいたします。
勇ましく荒っぽい若い衆達の熱気と、山車だんじりをを引っ張り駆け抜けるド迫力満載のやりまわし。

そして、だんじりを新調した際や大修繕を行った時に見られる神々しい想いの入魂式。
祈りとお浄めで五穀豊穣を祈った時代から、ケンカ祭とも言われる岸和田だんじり祭をたっぷり楽しみましょう!

出典:http://plaza.rakuten.co.jp/fuminoritamaki/diary/201309140000/

スポンサーリンク


岸和田だんじり祭のアクセスと日程。早めのチェックをおすすめ

岸和田市は大阪府南部の市。
アクセスは、関西国際空港から車で約15分。
電車だと、大阪都心部からはJR阪和線、南海電鉄南海本線、阪神高速湾岸線、阪和自動車道でアクセスできる。

岸和田だんじり祭は、浜手地区の9月と山手地区の10月に行われますが、規模的には9月に行われる祭礼が有名です。
まず宵宮と本宮に向けての試験曳きがあります。

  • 9月試験曳きは9月4日(日)午後2時から4時、9月16日(金)午後2時から4時
  • 宵宮9月17日(土)午前6時から午後10時
  • 本宮9月18日(日)午前9時から午後10時
  • 10月試験曳きは10月2日(日)午後1時から5時
  • 宵宮10月8日(土)午前6時から午後10時
  • 本宮10月9日(日)午前7時から午後10時

本番に向けてだんじりをチェックするための試験曳きですが、本番さながらのだんじりを見ることができます。
本番のパレードの順位も岸和田だんじり祭公式ウェブサイトで見ることができます。
場所や時間も表示されているので、要チェックです!

観覧席は、岸和田だんじり祭観光協会から7月15日より販売開始になっています。
購入方法や取扱店舗などの詳細は、観光協会公式HPに載っていますが、予定枚数が終了しだい販売終了です。
見逃したくない方は、早め早めのチェックがおすすめです!

スポンサーリンク


入魂式って?岸和田だんじり祭を今年も安全に

ケンカ祭と言われる岸和田だんじり祭ですが、だんじりの屋根にいて指揮する「大工方」はかなりの存在感があります。
若い衆が屋根の上で飛び回り、だんじりのナビゲーターの役割を担います。

猛スピードで曲がるやりまわしの時でさえ、大工方は屋根上にいながら左右に跳ね回り、命綱なしの危険と隣り合わせの豪快で勇敢な姿に憧れる若い人多いでしょう。

岸和田だんじり祭では、やりまわしも力を緩めず猛スピードで角を曲がろうとします。
重さ4トンもあるだんじり1台につき100人ほどの男の手によって、信じられないスピードで走り回るのです。
そんなだんじりが42台ほども走り回るんですよ!

毎年事故やけが人が続出し、記念行事の曳行でだんじりと街灯に頭を挟まれたという死亡事故のニュースもありました。その後、重過失致死容疑で統括責任者の男性2人が書類送検されました。こんな危ない祭をホントよくやるなって思います。

(10月10日追記)
2016年10月9日午前、大阪・忠岡町で、お祭りのだんじりを曳いていた男性(40歳)が、だんじりとガードレールの間に挟まれ死亡しました。

9日午前10時40分頃、大阪・忠岡町忠岡中で、地元の祭りのだんじりが交差点を右折する際に、ガードレールに激突しました。

だんじりの前方で「かじ取り役」を担当していた、近くに住む自営業の男性(40)が、だんじりとガードレールの間に挟まれ腹部を強打して、病院に運ばれましたがまもなく死亡が確認されたということです(怖いなぁ)。

高さ約3メートル60センチものだんじりが、勢いよく交差点を曲がる「やり回し」という場面で事故が起きたのです。なので、観る人はだんじりが曲がるポイントには絶対に近づかないでくださいね。

そんな悲惨な事故を見たくないでしょう。
(追記終わり)

そんな迫力あるというか、狂気あふれる(笑)光景を一目見ようとたくさんの人が詰めかけ、引手にも緊張が走る瞬間。決して失敗してはいけない場面です。

これだけ振り回すだんじりなので大修繕した後は必ず神主さんが入魂式を行います。
安全祈願とお清めをし、事故がないようお祈りをします。

入魂式は修繕以外でもだんじりを新調した時も行う大事な儀式となっています。
毎年ケガ人がでる祭なので、危ないポイントには細心の注意をしながら楽しみたいですよね。
ケガや事故がないように祈りをこめて、今年もド迫力の岸和田だんじり祭を存分に楽しみましょう

岸和田市エリア情報

「城とだんじりのまち」として古くから有名な岸和田市ですが、最近では海側のショッピングモールの「岸和田カンカンベイサイドモール」や浪切ホール、山間部の「牛滝温泉・いよやかの郷」などに近隣の若者やリゾート客が訪れています。

緊迫感に満ちただんじり祭が終わったら、こちらにも足を運んで息抜きしてみるのも良いかもしれませんね。

まとめ

岸和田だんじり祭の迫力に見る人はきっと血沸き肉躍ることでしょう。心の準備はいいですか?
でも見物する側にも危険が伴う祭なので、ルールやマナーはしっかり守ってください。
当たり前ですが、曳行中のだんじりに近づかないようにします。
曲がり角付近は特に危険!絶対に近寄らないようにしてくださいね。

楽しく見物するために必ず祭礼関係者、警察官の指示に従ってくださいね。
岸和田という地名もこのだんじりで全国区の知名度となりましたが、メディアの影響もあって気の荒い印象もあります。

しかし、岸和田の人たちはどの地域にも負けないバイタリティ溢れた気質を持っています。
それが岸和田だんじり祭に反映されているんでしょうね。
今年も勇壮な熱気に包まれる岸和田だんじり祭をぜひ体感してください。

スポンサーリンク