くらしの小ネタブログ

お役立ち情報や各地のイベントをご紹介!

川越祭りの日程。山車ひっかわせや名物お化け屋敷が見どころ

      2017/03/15

川越祭りの山車
関東三大祭りのひとつ、川越祭りの季節がやってきました。
国の重要無形民俗文化財にも指定され、県内外からもたくさんの人々が訪れる魅力あるお祭りです。

本来、川越氷川神社の祭礼として川越氷川祭と言われており、埼玉県でも由緒あるお祭りとして注目されています。
小江戸として知られている川越市は観光スポットでもあり、毎年10月に行われる川越祭には100万人を超えるほどの人気ぶり。

そんな川越祭り2016の日程や豪華絢爛な山車(だし)同士が向かい合わせになる「ひっかわせ」スポットなどもご紹介。

秋のお祭り、川越祭りを体感してみませんか?

出典:http://kawagoematsuri.jp/about/

スポンサーリンク


粋なお祭り、川越祭りの日程と見どころについて

川越祭りの開催地は埼玉県川越市の氷川神社ですが、川越市は戦火から逃れることができた昔から伝統的な建物が多く残っており、江戸の面影が残っているところから小江戸と呼ばれています。

年間約600万人もの観光客が訪れる寺社仏閣も多くある人気スポットになっています。

2016年川越祭りの詳細は以下のとおりです。

開催日は10月15日(土)16日(日)の2日間。
アクセスはJR川越線「川越駅」、東部東上線「川越駅」下車。
お祭りスケジュールやアクセスは川越祭り公式サイトから確認できます。

当日は交通規制もあるので、電車や高速バスなど公共交通機関を利用した方がよさそうですよ。

川越祭りの最大の見どころは存在感も十分な8mもある山車の引き回しです。
お昼は市役所前に巨大な山車が一斉に集まり、それぞれ違うデザインの山車を見比べる楽しさがあります。

夜になるとライトアップされた山車が、街中を練り歩き。
そして夜の見どころといえば、山車同士が出会う曳っかわせ!

他の祭りとは違って川越祭りではお囃子合戦になり、相手のお囃子につられると勝敗が決まります。
なんて粋なお祭りなんでしょう。

スポンサーリンク


川越祭りといえば、屋台とレトロなお化け屋敷も楽しみのひとつ

お祭りと言えば屋台も楽しみのひとつです。
川越祭りでは屋台村も設置されるので、食べ歩きもできますね。

本川越駅周辺と川越駅からクレアモール商店街あたりは屋台が多いので、まずは腹ごしらえですね。
定番のとうもろこしやたこ焼き、串物も多数あって目移りしますよ~。

個人的には、洋風なベーコンチーズ串に興味津々(^^♪
チーズ好きにはたまらないガッツリ系の串物になっています。

人気がある川越太麺やきそばは夜に売り切れることもあるので、ぜひゲットしたい屋台メニュー。
食べ応えのある太麺は、川越でしか食べれないご当地メニューです。

そしてかき氷にタピオカドリンク、揚げアイスにトルコアイスとデザートも十分。

川越祭りといえば、お化け屋敷も有名なんです。
蓮馨寺境内で出店されるレトロなお化け屋敷と見世物小屋は、毎年人気のある不気味ポイント。
興味のある方はぜひ足を運んでみてください。

まとめ

歴史ある街並みに風情を感じる川越祭り。
ゆっくり川越の街並みを楽しみながら、ダイナミックな山車と曳っかわせで始まるお囃子合戦を見ようとたくさんの人で賑わいます。

広い範囲で行われるので、かなり歩き回ることになります。
休憩が必要な時は、お尻に敷くシートなどを持参すると便利ですね。
初めての方は、トイレの場所も事前に確認することをおすすめします。

曳っかわせや屋台を楽しんだ後は、少し時間をずらして帰るのも混雑に巻き込まれなくていいかも。
川越祭り2016をクライマックスまで楽しめるといいですね。

スポンサーリンク