くらしの小ネタブログ

お役立ち情報や各地のイベントをご紹介!

那覇の大綱挽はギネス認定!終わった綱は持ち帰りしよう

      2017/03/20

那覇祭り大綱挽
まだまだ暑い沖縄の10月。那覇大綱挽(おおつなひき)祭りの季節がやってきました。

長い間親しまれていた那覇祭りは、2011年に名称を「那覇大綱挽まつり」に変更されました。
暑い沖縄で開催される熱い祭り、そしてギネスにも「世界一のわら綱」と認定された大綱挽をぜひ体験して、海やリゾートだけじゃない沖縄を発見できるかも!

2016年那覇大綱挽の日程と初めての方でも楽しめるみどころやポイントなどをご紹介します!

出典:http://blogs.weathermap.co.jp/okinawa/archives/2008/10/10/

那覇大綱挽の日程と3日間のみどころ

那覇大綱挽まつりは那覇市最大のイベントとして、毎年体育の日を含む3連休に開催されます。

まず1日目のオープニングは14:00から那覇市民による演芸や伝統芸能パレードがあり、長い国際通りを各団体の華麗なパフォーマンスパレードが練り歩きます。

2日目は国道58号線久茂地交差点付近で行われる一大イベント大綱挽があります!
全長200メートル、直径1.5メートルほどの大綱を、年齢も国籍も関係なく、東西に分かれて全員が一体になって綱を引き合います。

歴史ある全員参加型の那覇大綱挽まつりですが、大勢の人が詰めかけるので早めに行くことをおすすめします。
綱挽前に旗頭の行列や空手の演武も見れますので時間に余裕を持って行くといいですね。
大綱挽ではとにかくたくさんの人で賑わうので、ここでは遠慮せず本綱の近くて綱引きを体験してください!

3日目は奥武山(おおのやま)で開催されるカラオケ大会やライブ、花火を楽しめます!
多くの出店とビアフェスタ会場もあって、オリオンビールを飲みながら花火を楽しむこともできます。
ここは絶対外せないですよね!

スポンサーリンク


市民フェスティバル開催と駐車場や交通規制は?

那覇大綱挽の勝負は国道が会場になるため、祭り3日間は交通規制がされます。
国際通り付近には有料駐車場もあるので車の駐車はできますが渋滞に巻き込まれる可能性大!

ビールも楽しみたい方はモノレールやバスなどの公共機関も利用しながら来場をスムーズに行きたいですね。
那覇大綱挽と並行して各会場では市民フェスティバルが3日間開催されます。

沖縄民族芸能の琉舞(琉球舞踊)やエイサー、予選を勝ち抜いた歌自慢たちが出場するカラオケグランプリ。
入場無料なのに地元沖縄出身のアーティストのライブ、50組あまりの団体が出演するさまざまなパフォーマンスを見ることができます。

沖縄の歴史あるお祭りや演武から、県内で活動している若手アーティスト達のパフォーマンスを堪能できる濃い3日間になりそう。

なお市民フェスティバルは11:00から20:30の開催になっています。

まとめ

毎年20万人以上が那覇大綱挽に訪れることもあり、その顔ぶれも地元はもちろん、大勢の観光客と駐留しているアメリカ軍人といった国際色も豊かにたくさんの人たちがお祭りに参加します。

そして、大綱挽の綱は縁起が良いものされていて、家内安全、厄除けといったお守りとして自宅に飾るのもいいですよ。
綱引終了後はぜひ小分けにした綱を持ち帰ってくださいね。

那覇大綱挽が、秋の沖縄旅行に参加した方にとって思い出に残るイベントになるといいですね。

スポンサーリンク