くらしの小ネタブログ

お役立ち情報や各地のイベントをご紹介!

佐賀バルーンフェスタの日程。見どころとアクセス情報

      2017/04/02

佐賀バルーンフェスタ
大空高く舞い上がる色鮮やかなたくさんのバルーン達が競演する佐賀バルーンフェスタ。
今年も佐賀市嘉瀬川の河川敷をメイン会場としてインターナショナルバルーンフェスティバルが開催されます。

世界各国から100選手あまり熱気球150機の参加予定となっています。
日本では1978年から始まった歴史あるバルーンフェスタ。
ぜひ!秋の観光スポットとしてカラフルに大空を舞う熱気球の姿を見てみませんか?

出典:http://www.bus.saga.saga.jp/info/2015/10/post_182.html

スポンサーリンク


佐賀バルーンフェスタの日程と見どころ、会場へのアクセス

佐賀バルーンフェスタ2016では19年ぶりになる、二年に一度の「熱気球世界選手権」も開催されます。

期間は10月28日(金)~11月6日(日)までの10日間。

公式練習から始まり10月30日が開会式。

31日から7日間、日の出とともに飛び立つバルーンは夕方まで競技飛行が行われターゲットを目指して飛んでいきます。

ルールがわからなくても一斉に飛び立つバルーンを一目見たいと思いませんか?
河川敷付近では、水面に映ったバルーンを撮影しようとたくさんの人が集まる人気スポットにもなっています。ぜひカメラをご用意くださいね。

もちろん!さまざまなイベントもあり、競技エリア内では子供達を対象にしてバルーンを体験できるキッズデーも開催。

間近でバルーンのバーナーの迫力を体験できる「気球教室」なども人気があります。
動物やかわいらしい形をしたゆかいな変形バルーンも登場したり、普段見ることができないバルーンワールドを楽しんでみませんか?

会場までのアクセスは公共機関を利用するとスムーズですが、バルーンフェスタ期間中はシャトルバスも運行されます。

佐賀市内の駐車場に車を止めてシャトルバスでバルーン会場までノンストップで行くことができます。
また大会期間中は駐車スペースも用意されていますが土日祝日には混雑が予想されるので、郊外駐車場として「吉野ケ里歴史公園」や「フレスポ鳥栖」に駐車し臨時駅JRバルーンさが駅を利用し会場に向かうのもいいですね。

スポンサーリンク


佐賀バルーンフェスタの楽しみ方!楽しいイベントにも参加してみては?

佐賀バルーンフェスタでは、大会期間中の楽しみとしてイベントステージが設けられています。
日替わりでショーやライブが行われていてミュージシャンやスペシャルゲストも出演!

大型テントが張られたバルーンモールでは、佐賀県のグルメが堪能できます。
佐賀の特産物、佐賀牛や佐賀の酒など売り切れ御免の品々が用意されているので、バルーンが飛び立った後は佐賀のおいしいもんを楽しんでみたいですね!

なおバルーンフェスタの入場料はフリーとなっているので、お弁当持参でもOKですが飲食はぜひ会場内の「うまかもん市場」に足を運んでみてくださいね。

そして夜のバルーンイベントはロマンチックな演出に人気があります。
バーナーの灯りに照らせれライトアップされたバルーンが観客を幻想的な空間に招待します。
バルーン競技観戦の際にはレジャーシート、小型の折りたたみイスなども準備しておくと疲れも軽減され便利です。

朝夕の寒暖差が大きいこの季節、夜はジャケットなど暖かく羽織れるものなどの準備もお忘れないように。

秋のイベントのひとつとして気軽に参加してみるのもいいかも。

まとめ

佐賀バルーンフェスタの魅力を知っていただけたでしょうか?

熱気球のオリンピックともいわれる世界選手権が19年ぶりに佐賀県で開催されることもあり、期待されている方も多いでしょう。

参加人数も多く期間も長いことから、熱気球競技を成功させるため例年以上にボランティアスタッフの存在が欠かせないものになっています。

でも遠方から参加しても大丈夫。

大会期間中の宿舎や朝食も用意されているので心配なし。
ボランティアスタッフとしてバルーンフェスタに参加できるなんて、バルーンファンからするときっと羨ましがらるかもね。

見どころ満載の佐賀バルーンフェスタ。
無数のバルーン達の競い合いを肌で感じながら、空一面覆うバルーンをバックに絶景散歩を楽しんでみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク